SIMロック解除とは?MVNOを利用する前に知っておきたいこと

 

MVNOの格安SIMを使うとき、新しくSIMフリーのスマホを買うと30,000円〜50,000円程度のスマホ代が余分にかかってしまいます。

 

しかし、機種代金を完済しているキャリアのスマホを使う場合は余分な費用は必要ありません。

 

使い慣れたスマホで格安SIMを利用でき、新しいスマホも買わずに済みますので経済的ですね。

 

そこで今回は、キャリアのスマホをMVNOで使う方法についてお話ししてみようと思います。

 

 

 

キャリアのスマホはSIMロックされている

 

実は、キャリアのスマホには必ず「SIMロック」がかかっています。

 

この「SIMロック」とは他キャリアのSIMを入れてもそのスマホが使えない用にするためのロック機能です。

 

この「SIMロック」ですが、総務省の意向で2015年5月以降に発売されたスマホは購入から180日が経過すれば「SIMロック」を解除できるようになりました。

 

ですので、SIMロックを解除すれば、他社のSIMを使うことができるようになります。

 

もちろん、MVNOの格安SIMも使えるようになります。

 

ドコモのスマホはSIMロック解除なしで使える

 

MVNOはドコモの回線を利用したものが大半です。

 

このドコモ回線を利用したMVNO(ドコモ系MVNO)は、ドコモのスマホであればSIMロック解除をしなくても利用できます。

 

つまり、2015年5月以前に発売となっているSIMロック解除ができないスマホでもMVNOの格安SIMが利用できます。

 

auのスマホはSIMロック解除が必要な場合もある

 

au回線を使用した格安SIMもあり、UQモバイル、mineo、fiimoについては、基本的に、auスマホのSIMロック解除しなくてもau系の格安SIMがそのまま使えるのですが、VoLTE対応スマホの場合はSIMロック解除が必要となります。

 

なお、mineoの公式サイト内の「端末チェッカー」でお手持ちのスマホがSIMロック解除が不要な機種と必要な機種を確認できますので参考にしてください。

 

次に、IIJmioでもau系のプランがありますが、auスマホでもSIMロック解除が必要で、なおかつ、VoLTE対応でない機種では利用自体が出来ませんので注意が必要です。

 

ソフトバンクのスマホは要注意

 

さて、ソフトバンクのスマホですが、ソフトバンクの回線を使用した格安SIMは極端に少ないです。

 

飛騨高山限定のケール部テレビ会社が運営する地域限定型の「HITスマホ」とY!mobileがありますが、どちらもソフトバンクスマホのSIMロック解除をしないと使えません。

 

また、ソフトバンクのスマホはSIMロックさえ解除すればドコモ系MVNOが一応利用可能となります。

 

ただ、ドコモ系MVNOが使用する複数のBand(電波の帯域)のうちBand1(メインバンド)しか対応していない端末があります。

 

この場合、Band19のプラチナバンドが使えないため通信エリアが少々狭くなってしまいますので注意が必要です。

 

そして、一番大切なことですが、ソフトバンクのスマホで2015年5月以前に発売されたスマホだとSIMロック解除ができませんので、格安SIMは使えないことになりますので要注意です。

 

 

 

SIMロック解除の方法

 

次にSIMロック解除対応のスマホをSIMロック解除する方法は2種類あります。

 

キャリアのショップでSIMロック解除してもらう方法

この場合、ドコモで2,000円、auで3,000円、ソフトバンクで3,000円の手数料がかかります。

 

インターネットを使い、キャリアのサイトから自分でSIMロック解除をする方法

この場合は手数料もかからず無料でSIMロックを解除できます。

 

なお、この場合、新しく契約する格安SIM事業者のSIMが必要となります。

 

 

まとめ

 

以上見てきたとおり、SIMロックを解除すれば、どのSIMでもスマホが認識します。

 

新しいSIMフリースマホを購入するよりも初期費用を抑えてMVNOを使うことができるので、今持っているスマホをそのまま使いたい人は、SIMロック解除が必要か確認してみてください。