MVNOに乗り換える前に知っておきたい!中古スマホ購入時の注意点

ドコモ系MVNOを利用するためにはSIMフリースマホかドコモのスマホが必要です。

 

当たり前ではありますが、スマホを持っていない場合は別途購入する必要があります。

 

MVNO事業者やネットショップからSIMフリースマホを購入する方法もありますが、費用が少し高くなってしまいます。

 

気軽に格安SIMを導入するためにスマホの購入コストを抑える方法としては、ネットオークションや中古ショップなどで中古のドコモ製スマホを購入するという方法があります。

 

そこで今回は、中古スマホを購入するときの注意点についてお話ししようと思います。

 

 

 

中古スマホには、赤ロムと白ロムがある

 

キャリアのスマホにはキャリア側からスマホの機能制限を行うための機能が内蔵されています。

 

具体的には、料金未納のままになっているスマホの場合、キャリアは遠隔操作によりそのスマホに対しSIMを介して利用する通話機能や通信機能を止めてしまいます。

 

このため、このスマホにSIMをセットしても機能が止められているため、通話も通信もできません。

 

このようにSIMを介して利用する通話機能や通信機能が使えないスマホのことを「赤ロム」と言います。

 

「赤ロム」とは反対にSIMを介して利用する通話機能や通信機能がしっかりと使える状態のスマホのことを「白ロム」と言います。

 

もし「赤ロム」を購入してしまった場合、格安SIMをセットしても通話もネットできませんので要注意です。

 

「赤ロム」で唯一使える通信方法はWi-Fiだけです。

 

モバイルWi-Fiルーターを使ったりしてネットやIP電話を楽しむことはできますが、キャリアからMNP転出して今まで使ってきた電話番号を通話機能付きの格安SIMで使いたい場合はSIMの機能が使える「白ロム」を買う必要があります。

 

SIMの機能が使えない「赤ロム」は決して購入してはいけません。

 

オークションや中古ショップで「白ロム」と称して出品されている中古スマホを購入したら実際は「赤ロム」で、格安SIMが使えなかったというトラブルも実際よく聞かれます。

 

 

 

事前に赤ロムでないかチェックしよう

 

「白ロム」か「赤ロム」かを購入者側で事前にチェックすることはできます。

 

中古スマホを購入する場合には無用なトラブル防止を防止するため購入前にチェックしておくことを強くおすすめします。

 

チェック方法は簡単で、キャリアのスマホには全て個体を判別するための数字15桁の識別番号(IMEI番号といいます。)が付いています。

 

ドコモの「ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト」にこのIMEI番号を入力することで確認ができます。

 

確認結果に「○」が表示されれば利用制限がかかっていない「白ロム」ですので格安SIMをセットすれば通話やネットを楽しむことができます。

 

しかし、確認結果に「△」、「×」、「−」のどれかが表示された場合は「赤ロム」の可能性が高く、このスマホは購入を控えた方が良いかもしれません。

 

ほとんどのオークションや中古ショップでは、IMEI番号を掲示していますので是非チェックして、しっかりと使える状態の「白ロム」スマホを購入して格安SIMを気軽に楽しんでみましょう!