事前に知っておきたいMVNO(格安SIM)のメリット・デメリット

 

MVNO(格安SIM)を使う際には、メリット・デメリットの両方があります。

 

それぞれにどんなものがあるのか、確認してみましょう。

 

MVNOのメリット

 

MVNOを使う一番のメリットは月々の携帯使用料が安くなると言う点です。

 

今まで1万円近く掛かっていた携帯料金も約2000円程になるので年間で7万円程安くなります。

 

それに料金が安くなったからと言って使いにくくなる事はありませんし今までとさほど変わらない感じで利用する事が出来ます。

 

それに普段あまり通話をしない方には特にオススメです。大手キャリアであれば月に3000円近くの通話基本料がかかります。

 

たとえかけ放題にしても毎月2000円近くは料金が発生してしまいます。

 

電話を使用しなくても大手キャリアの場合は強制的に加入されてしまうのです。

 

それに比べMVNOは電話をしなければ電話代はかかりません。

 

通話をする際もLINE等の無料通話アプリがありますのでそういった物を利用する人が多いと思います。

 

MVNOのデメリット

 

デメリットとしてはSIMフリーのスマホを持っていない場合はスマホを購入する必要があると言う点です。

 

およそ2〜3万円程でストレス無く使えるスマホが購入出来ますがそういった出費が必要にはなります。

 

また全てのMVNOでかけ放題プランが用意されているワケではありません。

 

格安SIMの通話代は30秒20円が基本ですので長い時間通話をするとかなりの料金になってしまいますので注意が必要です。

 

更に相手がガラケーの場合、キャリアメール以外のアドレスで送信すると相手側がブロックをしている可能性がありメールが送れなくなってしまいます。

 

その為、ガラケーの相手にメールを送りたい場合はロックを解除して貰う必要が出てきます。

 

また大手キャリアに比べて通信速度が遅くなってしまうケースがあります。

 

実用上さほど問題は無いのですが今まで大手キャリアのスマホを使っていた場合、多少ストレスを感じてしまう可能性があります。

 

通信に関して言えば、大手キャリアに比べ格安SIMの方が通信障害の頻度が多くなってしまいます。

 

通信障害は大手キャリアでも起こる事ですがMVNOでは通信障害を公表する事が少ない為、利用者は不安になってしまう事もあるでしょう。