【初心者向け】MVNOとは?読み方から選び方まで分かりやすく解説

 

MVNOはエムブイエヌオーと読みます。

 

聞きなれない言葉だとは思いますが、スマホの料金が安くなるという格安SIMとセットで必ず出てきます。

 

このMVNOについて分かりやすく詳しく解説します。

 

 

MVNOとは

 

MVNOはMobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略語です。

 

スマホは日本全国各地にある基地局と通信をすることで電話やインターネットを使っています。

 

その基地局などの通信網を、ドコモなどのキャリアから借りてスマホのサービスを提供している事業者がMVNOです。

 

 

MVNOは、通信網を借りることでスマホのサービスを提供するのに必要なコストを抑えています。

 

コストが下がると、自然とスマホの料金も下がります。

 

そうして成り立っているのが、格安SIMと呼ばれているものです。

 

 

 

MVNO事業は色々な事業者が行っている

 

MVNOという事業者がいると、今までキャリアでしか提供されていなかったスマホのサービスが色々な事業者から提供されるようになります。

 

そうなってくると、MVNOごとにその特徴を発揮したプラン・サービスが提供されるようになります。

 

今までは3大キャリアで契約をすると、同じようなプランやサービス内容だったと思います。

 

しかし、MVNOではその事業者独自の強みを持ったプランやサービスを選んで契約することができます。

 

 

 

消費者が自由にMVNOを選べる時代になってきている

 

キャリアから通信網を借りることができるため、MVNO事業は参加がしやすいものになっています。

 

すると、どんどんMVNO事業に参加する企業が増えてきます。

 

MVNO事業者が増えると、競争がどんどん激しくなり、より良いサービスを提供するように企業努力を行っていきます。

 

こうしてどんどん魅力のあるプランやサービスの中から選んで、消費者は契約をしていけるようになります。

 

 

 

MVNOで自由な契約を結べる時代になった

 

SIMロック解除の義務化によって、キャリアで購入したスマホに対してSIMロック解除ができるようになりました。

 

キャリアで購入したスマホにSIMロック解除をすることで、格安SIMを使うことができます。

 

どんどんMVNOを利用する敷居も低くなってきて、消費者が自由にプラン・サービスを選べるようになりました。

 

 

3大キャリアと契約をしていて、スマホの料金が高い、プランに自由が無いと感じているのであれば、MVNOと契約をしてみるのも良いかもしれません。